最新情報・コラム

column

発達障害の子は増えていても周囲の理解はまだ不十分です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
発達障害を持つ子どもは、学校のクラスの中に数人は
いるということが、統計として出ています。
それだけ身近なことなのですが、まだ正しい理解を得られず、
辛い思いをしている子ども達が大勢います。

家庭、学校、地域で連携して、発達障害のある子ども達を
しっかりと支援・サポートしていく必要があります。
こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
子ども達の不安やストレスを減らし、
生活に必要な力をつけていけるように支援していきましょう。

教室で提供している運動療育プログラムの
クマ歩きのアレンジ遊びをご紹介します。
まず、ゴムボールを半分に切った物を複数用意し、
床に並べてコースを作ります。
2列に並べたり1列に並べたり、
間隔を変えたり色を指定したりして、難易度を調節していきます。

平地を歩くよりもバランス感覚や空間認知力が必要になり、
考えながら動くことができます。
バランスがとりにくい場合は、小さく切ったヨガマットなどで
代用し、無理なく挑戦できるようにしてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る