最新情報・コラム

column

特性と共に生きていく子ども達にはサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDを持つ子ども達は、大人になっても
程度や形こそ変わるものの、
「不注意」「多動性」「衝動性」という特性を
持ち続け、生活していきます。

本人の人間性、性格や知能には問題がないのに、
社会にうまく適応できない、
親密な人間関係の構築が難しいといったことから
悩むことになりがちです。

子どものうちからの療育で、日常生活、社会生活を
安心して豊かに送ることができるように、
私たちも支援・サポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「なぞなぞ大縄跳び」をご紹介します。

子どもは大縄跳びを跳びながら、
指導者が出すなぞなぞに答えます。

縄跳びを一定のリズムで跳びながら、
別の思考をするのは意外と難しい作業です。
最初はすぐに答えられるような
簡単な問題から出し、少しずつ難易度を上げていきます。

まずは大縄跳びがスムーズに跳べることが前提ですが、
考えているうちに足が止まってしまう子もいます。
苦手な子もできるように、回し手が子どものジャンプに
合わせて縄を動かしながら跳ばせてあげるようにします。

そして、集中力や聞く力、考える力などを
遊びの中でしっかりと育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る