最新情報・コラム

column

「汽車で合図がなったら忍者座り」切り替え力を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「汽車で合図がなったら忍者座り」をご紹介します。

まずはみんなで汽車になって時計回りに走ります。

汽車をイメージして、両手は体の横で車輪のように回しましょう。

走っている途中で、笛やタンバリンを鳴らしたり「敵がきたぞー!」と合図をし、

合図があったら子ども達はその場で止まって素早く立ち膝の忍者座りをします。

すぐに立てるように足首と指は立てておきます。

 

合図があったら素早く反応して動きを切り替えることで動きにメリハリをつけ、

集中力や抑制力を育てながら、感情のコントロールをする力も身につけることができます。

慣れてきたら止まるときのポーズを変えて遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る