最新情報・コラム

column

「電車クマ」で手足の動きをイメージして動きます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「電車クマ」をご紹介します。

まず、床に2本のテープを25~30cm幅くらいの間を空けて平行に貼り、

線路に見立てたものを作っておきます。

その2本のテープの上に乗り、右側のテープ上に右手右足、

左側のテープ上には左手左足を置いて、落ちないように前を向いてクマ歩きで進みます。

 

顔は前を向いているので、足は全く見えない位置で動かすことになり、

特に線路から落ちやすくなります。

時々確認しながら足の位置をイメージして動かし、落ちないように慎重に歩いていきましょう。

空間認知が育ち、抑制力も身に付いてきます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る