最新情報・コラム

column

放課後等デイサービスの運動療育プログラム。静と動のメリハリをつける「だるまさんが転んだ」

運動をするときには、静と動のメリハリをつけることも
とても重要なことです。
楽しいのは良いことですが、興奮しっぱなしではいけないし、
反対に抑制しすぎても子ども達は楽しくなくなってしまいます。
活動時間の中でメリハリをつけて、有効的な時間にしましょう。

今日はいろいろな動物に変身して行う「だるまさんが転んだ」です。
通常のだるまさんが転んだのルールではなく、
スタートからゴールまで、だるまさんが転んだで進むだけの遊びです。
移動の動きは、クマさん歩きにしたり、ウシガエルやわにさんなど、
今までやってきた動物さんでやるとわかりやすいですね。

子ども達がきちんと止まることを意識できるような声かけや
動機付けをして、動く、止まるを正確にできるようにしましょう。
動くことより止まることのほうが難しく、
どちらかというと抑制の要素が大きい遊びなので、
楽しく遊べるように思いっきり動くものも間に挟むと良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る