最新情報・コラム

column

放課後等デイサービスで楽しく運動療育プログラムの提供を。

今日は、放課後等デイサービスの運動療育プログラムの中で、

前転につながる動きの「さつまいもごろごろ」のご紹介です。

 

床に寝転がって、さつまいもに変身します。

手はバンザイにして、手を見ながら横にごろごろ回転します。

体や手足が曲がるとまっすぐ転がらずに曲がっていってしまうので、

体はまっすぐにして転がるのがポイントです。

 

さつまいもができたら、体操座りをした姿勢でひざを抱えたまま

横に回転する「じゃがいもごろごろ」もやってみましょう。

ひざはくっつけずに少し離して抱えて行います。

マットがあると痛くないですね。

 

こんな遊びから前転につなげていくと、

抵抗なくごろんとできるようになり、運動への苦手意識も減るでしょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る