最新情報・コラム

column

発達障害でのこだわりには柔軟な対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

誰でもある程度のこだわりは持っているものですが、発達障害や
その特性を持つ子ども達の中には、日常生活に支障を来たすほどの
こだわりがあって本人も周囲も困っているということがあります。

こだわりの中にも、無理にやめさせる必要のないもの、
場合によっては変更できるようにしておきたいもの、
すぐにやめさせる必要があるものなどいろいろあります。

基本的には、こだわりはその子が好きなことだったり落ち着く方法、
自分のルールなので、無理のない範囲で、できるルールから挑戦して
少しずつ改善につなげていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「足開きソリ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、1人が足を開いて座ります。
もう1人は、座っている子の前に向かい合って立ち、
両手を持って後ろ向きに引っ張って歩きます。

座っている子は、力を抜いていると左右に倒れてしまうので、
腹筋背筋に力を入れて転ばないようにバランスをとり、
足の親指にも力を入れて足をしっかり開いておきます。
引っ張る子は、相手の両手をしっかり握り、足の指先に力を入れて
踏ん張りながら引っ張ります。

スムーズに進むためには、2人の息を合わせることがポイントです。
どちらかが力を抜いているとうまく進めないので、
相手をよく見ながら行なうようにします。
特に引っ張る子は、急に勢い良く引っ張ったり急角度で曲がったりすると
危ないので、相手を意識することが大切になります。

相手のある遊びで、少しずつ社会性を身に付けていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る