最新情報・コラム

column

ASDでのひとり言は無理にやめさせず適切な対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)のある子ども達は、
周りの状況を気にせずにひとり言を言うことがあります。
それが授業中でも、街中でも、突然始まったりするので、
声が大きいと周囲の人も驚いてしまいます。

ただ、このひとり言は楽しくて言っている場合もありますが、
気持ちを落ち着かせるための言葉だったり、
今後の予定を繰り返すことで安心していたりすることが多いので、
無理に止めさせるのではなく、人がいる場所では小さな声で
とルールを作りながら調整していくことが必要です。
子どもの精神的負担が増えないような配慮が大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ぶら下がり人形投げ」をご紹介します。

小さい三角コーンに、手人形をかぶせた物を鉄棒の少し前に置きます。
鉄棒の後ろにはフープを置いておき、子どもはその中に入ったら
鉄棒を逆手に握り、腕を曲げたぶら下がりをします。

そこから両足で手人形を挟んで持ち上げ、鉄棒の前にいる
指導者に投げて渡します。
足の力だけで投げても体を前後に振ってから投げても良いです。
もし人形をなかなか持ち上げられない場合は、
足の近くまで人形を持っていってあげるようにします。

人形を投げられるようになったら、どんどん遠くまで投げられるように
競争にしたり、点数をつけたりしながら遊んでみます。
また、逆上がりにつなげていくために、前方向に投げられるように
なったら、少しずつ真上や後ろに向かって投げられるように
目標設定をして遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る