最新情報・コラム

column

「カンガルーが転んだ」で前頭前野を刺激して遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「カンガルーが転んだ」をご紹介します。

「だるまさんが転んだ」を走るのではなく、カンガルージャンプで行ないます。

止まる、動くを繰り返すことで体のコントロール力が高まり、

自由に動くのではなく人の声に合わせて動くことで前頭前野が刺激され、

抑制力も育ち、感情のコントロールもできるようになってきます。

 

できるだけかかとをつけずにつま先立ちで進むようにし、

ひざのクッションを上手に使って静かなジャンプができるように練習しましょう。

 

抑制の要素が強すぎるとストレスになってしまうので、

楽しく遊ぶことを一番大事にして、途中で発散させるような遊びも取り入れると良いでしょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る