最新情報・コラム

column

療育活動では遊びの要素を取り入れるのが効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は遊んでいる時や自分の好きなことに夢中になっている時、
とてもイキイキとしていて意欲的です。
そういう時にはで子ども達の思考力や想像力など
たくさんの力が培われるので、遊びは子どもにとっての
大事な学びの場でもあります。

そこで、子ども達に何か身に付けて欲しい時には
ただ練習や訓練にならないようにその子の興味に合わせて
遊びの要素を取り入れることが大切です。
そうすることで子ども達は自ら意欲的に取り組むことができ、
効果的に力をつけていくことにつながります。

療育の中ではいつもそんなことを意識して
楽しく成長を促していけるように工夫していきたいですね。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグカップタッチクマ」を
ご紹介します。

ジグザグのコースを作り、コースの周りに赤・緑・黄色などの
複数の色のカップを置いておきます。
子どもは、ジグザグコースの中をクマ歩きで進みながら
「赤だけ」などと指定されたカップだけをタッチしていきます。

クマ歩きのポイントを意識しながらコースに合わせて歩き、
指定されたカップを記憶しながらタッチしていくという
複数のことを同時に行なう必要があり高度な遊びです。
全てのポイントを確実に行なうのは難しいこともあるので
スモールステップで進めていき、
慣れてきたら少し難易度を上げて「赤と緑」や「黄色以外」、
「赤→黄色の順に繰り返し」など複雑な指示でもやってみましょう。

この遊びで、腕の支持力、バランス力や身体コントロール力の強化、
聞く力、語意力の強化、判断力、記憶力の強化などに
つなげることができます。

指示通りに動く遊びなので、訓練のようになってしまわないように
子どもの興味や得意分野などに合わせた遊び方で
楽しんでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る