最新情報・コラム

column

ADHDの症状は脳の発達が未熟なために起こっています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人は脳の発達が未熟だと言われています。
例えば前頭前野は実行機能を司っていて、
行動の制御も行なっていますが、この機能が弱いために
言動をコントロールすることが難しくなっています。
また、神経伝達物質も不足していたり、
脳機能のアンバランスさがあるので、不注意、多動、衝動などの
症状を起こしているとされています。

脳機能を向上させる取り組みで、発達障害、ADHDによる困りごとも
減らせるように療育活動を提供していきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「伝言ゲーム」をご紹介します。
子ども達は数人で1列に並び、伝言ゲームをします。
端の子から順番に伝言を伝えていきます。
伝える側、聞く側ともに集中力やコミュニケーション能力が育ちます。

慣れてきたら友達との間を空けて、伝言を聞いたら
次の人のところまで走っていって伝える、というようにし、
記憶力や、2つのことを同時進行する能力も養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る