最新情報・コラム

column

逆上がりに必要な腹筋や足の蹴り上げ力を養う「両足サルキック」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「両足サルキック」をご紹介します。

まずは鉄棒に捕まって「さるのぶら下がり」をします。
しっかり脇を締めて、腕を曲げてぶら下がれるようにしておきましょう。
子どもの前に指導者が目標物を出しておき、
さるの姿勢から、目標物を両足をそろえてキックします。

キックする時はしっかり足を伸ばして、
足の指先に力を入れて指先からキックするようにします。
片足キックではなく足を閉じて行なうことがポイントなので、
しっかり両足をくっつけられるように声掛けします。

両足をくっつけて動かすことで下半身が一体化するので、
力に伝達がスムーズになり、身体地図も広がります。
また、足を閉じることで足の内側の筋力が発達し、
椅子に座った時に足を閉じて座る力が身に付いてきます。
連続キックにも挑戦しながら、強い腹筋や太ももの筋力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る