最新情報・コラム

column

腹筋や太ももの筋力を養う「足で積み木積み」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足で積み木積み」のご紹介です。

体操座りのように膝を立てて座ったら、両手は後ろにつきます。
そして、子どもの前には大きな積み木やブロック、
四角い形にしたダンボールなどをおき、それを足を使って積み重ねていきます。
積み木などを持ち上げる時は、両足の指先の辺りを使って挟むようにします。

あまり小さな積み木や重さがある物は避け、
高く積み上げられるように挑戦してみましょう。

特に腹筋や太ももの筋力が刺激され、足先で物をつかむことで
空間認知力も養われます。
腹筋や太ももは、逆上がりなどで足を蹴り上げる時に必要になるだけでなく
普段の姿勢保持にも必要な筋力なので、
様々な遊びを通してしっかりと育てていくことが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る