最新情報・コラム

column

全身に意識を行き渡らせ、身体空間を広げる「動物荷物運び」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「動物荷物運び」をご紹介します。

子ども達は犬やクマなどの動物に変身し、背中に荷物を乗せて運びます。
背中に乗せる物は、積み木、ハンカチ、紙皿などの
安定しやすい物を選ぶようにします。

そして、最初はから動くのは難易度が高いので、
まずは「石」に変身して背中に荷物を乗せて落とさないようにしてみます。
これで、背中に荷物が乗っている感覚を確かめておきます。
次は「犬」になって歩きながら荷物を運び、
クマ歩き→片足クマ歩きとだんだん難易度を上げながら挑戦していきます。

見えない位置にある荷物を意識しながら、
体の動きをコントロールして落ちないようにバランスをとることで、
自分の体の周りにも意識を向けることができ、
身体空間を広げることにつながります。

また、荷物を落とさないように歩くことで集中力も養われます。
短い距離から始めて、達成感を感じながらできるように遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る