最新情報・コラム

column

発達障害では睡眠の問題が起こりやすく早期対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、睡眠の問題を抱えやすい
傾向があります。
睡眠障害を併発しているケースも多くあります。

睡眠には、大脳を休息させたり、情報処理を行なって
記憶を整理したり定着させる効果、で
体の成長や修復を促したり、免疫や代謝機能を向上させる
などとても重要な役割があります。
そのため、睡眠が足りないと体や脳を健康に保つことが
できなくなってしまい、精神面でも悪影響が出てきます。

睡眠がうまくとれないと、本人にとっても家族にとっても
つらいことなので、早期に対応することがとても大切です。
放課後デイの教室でも、1人1人に合ったサポートで
子ども達のスムーズな生活とスキルアップにつなげていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スキップの途中で大ジャンプ」
をご紹介します。

全員でスキップをしている途中で、指導者が合図をしたら
その場で大ジャンプをします。
これを繰り返して遊びます。

スキップの途中で大ジャンプをするためには、
腕の振りと足の蹴り上げの力がポイントになります。
スキップからだとイメージしにくいことがあるので、
見本→実践を繰り返しながら明確なイメージを持って行なうと
上達につながりやすくなります。

また、大ジャンプの時は指導者と息を合わせて
一緒にできるように促してください。
相手とタイミングを合わせることで、相手を意識する力も
養われます。

もしスキップが苦手な子がいたら、片足ケンケンでも良いです。
子どもの段階に合わせて、ジャンプ遊びを楽しく
行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る