最新情報・コラム

column

「逆グーパー」で手足別々の動きをすることに挑戦します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「逆グーパー」をご紹介します。

手がグーの時、足はパーになり、手がパーの時は足がグーになるという
手と足で反対の動きをする遊びです。
スピードが速いと大人でも難しいくらいなので、
ゆっくりのスピードで、まずはその場で練習します。

その場での逆グーパーに慣れてきたら、線路を使ってやっていきます。
途中で手足が一緒の動きになってしまったり、
わからなくなってしまう場合は、隣や前に立って一緒に行ないましょう。

動きを理解して記憶したり、体の動きをコントロールする力、
集中力や抑制力も養われる遊びなので、
楽しめる範囲で繰り返し挑戦して遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る