最新情報・コラム

column

「逆上がりキック」で逆上がりのコツをつかみやすくします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「逆上がりキック」をご紹介します。
鉄棒を握ったら、腕を曲げ、前の足は鉄棒よりも前に出します。
そして鉄棒の上に目標物をかざし、そこを目視します。
目視したまま足を蹴り上げて、その目標物をキックして逆上がりをします。

目標物を見続けることで顎が開かないので体が反らなくなり、
腕を曲げたまま足を正しい位置に蹴り上げることができます。
実際に目標物があることで体の操作がしやすくなるのです。

回るときは、子どもの背中と腰を支える補助を行い、
動きを体で理解できるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る