最新情報・コラム

column

障害の有無に関わらず子どもの発達に大切なのは社会性を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子でも、発達に支援が必要な子でも、
子どもの発達において大事なことは「相手を意識して動く」
「相手の動きに自分が合わせる」ということです。
日ごろの遊びの中でたくさんこの経験ができるように、
無理のない範囲で遊びを取り入れ、支援をしていきましょう。

こどもプラスの教室で行なっている
運動療育プログラムの「風船運び」をご紹介します。
子ども達は2人一組になり、新聞紙や大きめのタオルなどの端を持ち、
その上に乗せた風船を落とさないように気をつけながら、
一緒にゴールまで運んでいきます。

速く走ったり、どちらかが自分勝手に進んでいってしまうと
風船はすぐに落ちてしまうので、
相手と動きを合わせながら慎重に進むことが必要になります。
すぐにコツはつかめないかもしれませんが、
短い距離から挑戦し、少しずつ上達できるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る