最新情報・コラム

column

「クマで足じゃんけん」で体の操作力を高め様々な動きにつなげていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クマで足じゃんけん」をご紹介します。

子ども達は2人ペアになり、向かい合ってクマ姿勢になります。

顔をしっかり上げて前を向き、タイミングを合わせて足でじゃんけんをします。

相手にグー、チョキ、パーがわかりやすいようにはっきり出すように伝え、

タイミングを合わせることも意識しましょう。

 

足でグーチョキパーの形を出すとき、一度体が宙に浮いた状態になります。

このとき腕だけで全体重を支えることになるので支持力が強く育ち、

足を上げることで腹筋背筋などの筋力も刺激されます。

 

前後に他の動きを組み合わせたりしながら楽しく遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る