最新情報・コラム

column

「綱渡り握手」で足の指先に集中して遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「綱渡り握手」をご紹介します。

床に縄を置き、その縄の上を綱渡りのように歩いていきます。

途中に指導者が立ち、一度握手をしてからまた歩いていきます。

 

しっかり指先で綱をつかむように意識しながら歩くことが大切なので、

裸足で行なうようにします。

握手をするときに目線をずらさなければいけないので

ふらつきがちですが、縄から落ちないように気をつけましょう。

そして、そこで一度集中が途切れても最後まで綱を渡っていけるように

練習していってみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る