最新情報・コラム

column

放デイには放課後活動の確保やレスパイトケアの役割もあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の毎日の生活の中で、 学校が終わった後の放課後の時間はとても大事な時間です。 ですが今の時代、子ども達が外で遊ぶには時間も環境も 少なく、特に発達に課題のある子ども達では そういった機会がより少なくなる傾向があり […]

続きを読む

早期のニーズに合った療育が将来の幅を広げます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

2016年に改正が行われた発達障害者支援法では、 発達障害の早期発見と早期の発達支援の重要性を 強調しています。 早い段階から子どもに合わせた支援が行われれば 子どもの持っている能力や良さを伸ばしやすくなり、 それぞれの […]

続きを読む

適切な支援があれば確実に成長できる子ども達です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子ども達は一つ一つ教えなくても 多くのことが自然とできるようになっていくのに対し、 発達障害を持つ子ども達は細かいことも1つ1つ 丁寧にゆっくり時間をかけて教えていくことが 必要だったりします。 発達の道筋は違 […]

続きを読む

原因の見極めが適切な支援につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が「言うことを聞かない」「何度注意しても直らない」 といった大人の目から見た困った行動への対処を考える時には、 まずなぜその行動をするのか、行動の原因を よく観察して見極めることが大事になります。 そうすると有効 […]

続きを読む

療育では支援する側の工夫が重要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなどの発達障害のある子ども達は、 それぞれの持つ特性によって様々な困難、困り事があり、 生活面、学習面、人間関係の面などで 大きなストレスを感じています。 それを軽減し改善していくために 子ども達に […]

続きを読む

早期対応で子どもの育つ力をサポートしましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

昨今では発達障害についての認知が高まり、 支援やサポートをする施設やサービスも増えました。 しかし、まだ発達障害を診断し適切なアドバイスが できるお医者さんが少なかったり、 地域によっては病院や相談機関も少なく、 診ても […]

続きを読む

先を見据えて必要な力を育んでいきましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達も、やがて社会に出て 自分の力で社会生活を営んでいくことになります。 もちろん家族や周囲のサポートを受けながら という場合もありますが、子どもの時のような 手厚いサポートはなかなか難しいと思います。 […]

続きを読む

生き辛さを減らすサポートが必要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は、治療によって根治したり、 特性を消失させるといったことはできません。 それを前提とした上で、1人1人の特性に合わせて 療育、薬物療法、環境調整などを行いながら 周囲がサポートしていくことが大切です。 子ども達 […]

続きを読む

特性と共に生きていく子ども達にはサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDを持つ子ども達は、大人になっても 程度や形こそ変わるものの、 「不注意」「多動性」「衝動性」という特性を 持ち続け、生活していきます。 本人の人間性、性格や知能には問題がないのに、 社会にうまく適応できない、 親 […]

続きを読む

生きる力を運動療育で育んでいきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は、放課後等デイサービスを行う事業者も増え、 教室ごとに様々な種類の療育を提供しています。 療育の種類は違っても、子どもの困り事を減らし、 これから社会の中で生きていくために必要な スキルを身に付けるという目的は同じで […]

続きを読む