感情コントロールが苦手な子にも有効なのが運動療育です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害やその特性を持つ子ども達の多くは、
感情のコントロールに苦手さがあります。
感情がコントロールできないと
自分自身もとても辛いことが多かったり、
人とのトラブルも多くなってしまうので
早めの対処が必要になります。
丁寧な療育活動で根気良くサポートしていきましょう。

また、感情のコントロール力を育てるには
やはり運動することもとても有効な方法です。
運動療育で、子ども達の力を引き出しやすくし、
良い方向に伸ばしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの
教室で提供している運動療育プログラムから
「カメさんゴロゴロ」をご紹介します。

子どもはうつ伏せに寝転がり、体を反らせて
両手で両足首を持つカメさんの姿勢になります。
指導者は雷の真似をして「ゴロゴロ~」と言い、
子どもはそれが聞こえたら手を離して
素早く床にべたっとなります。
雷の音が止んだらまたカメさんに戻ります。
これを繰り返しますが、時々違う言葉で引っ掛けを
入れてみたりすると、聞く力や判断力なども養われます。

また、慣れてきたら動きを追加してみてください。
「雷だ!」と言った時は膝を抱えて丸い石になる。
「カラスがきた!」と言った時はしゃがんで
頭を抱えた姿勢になるなど、
いろいろなパターンで遊んでみるのもおすすめです。

このカメさんのポーズは、腹筋や背筋、首の筋力を
使うので、瞬発的な力を発揮するのに必要な力を
つけていくことができます。
体の柔軟性なども必要なので、繰り返すことが大事です。
ぜひ継続して取り組めるように、
楽しいアレンジ遊びを考えてみてください。

お問い合わせはこちら