最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ADHD 子ども

ADHDはエネルギー調整が苦手なので理解と支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDでいつも動き回っている多動が目立つタイプの子は、 とても元気でエネルギッシュに見えます。 ただ、これは脳の特性ゆえの多動なので、 人より体力があるとかパワーが有り余っているという こととはまた違ってきます。 エネ […]

続きを読む

環境調整や個々への支援が発達障害の子どもの力を引き出します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの中でも不注意の強いタイプの子は、 1つのことに集中するのが難しく、集中力が持続しない。 周囲の刺激に気をとられやすく、気が散りやすい。 忘れっぽく、物を無くすことが多い。 といった特徴があります。 授業中も先生 […]

続きを読む

発達障害の子は増えていても周囲の理解はまだ不十分です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの 発達障害を持つ子どもは、学校のクラスの中に数人は いるということが、統計として出ています。 それだけ身近なことなのですが、まだ正しい理解を得られず、 辛い思 […]

続きを読む

ADHDにはトークンエコノミーなど行動療法が有効なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の治療方法には、投薬以外に「行動療法」があります。 例えばADHDの子どもには「トークンエコノミー」で 良い行動に導いていく方法が有効なことがあります。 良い行動にはポイントがもらえ、悪い行動をしたら そのポイン […]

続きを読む

ADHDのケアレスミスの多さにはその子に合った解決方法を見つける必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特徴として、ケアレスミスの多さも挙げられます。 それは日常の中のことでも勉強でも仕事でも起こり、 内容は理解しているのに、ケアレスミスで失敗を繰り返してしまいます。 もちろん誰にでもケアレスミスはあることですが […]

続きを読む

ADHDの衝動性は大人になっても残ることがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの中には、良し悪しや先のことを考えずに 思いつきで行動に移してしまったり、 言葉に出してしまったりする衝動性が強く見られる子がいます。 相手が話している途中でも、授業中や静かにしなければいけない場面でも […]

続きを読む

発達障害では二次障害の予防が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子や、診断のついていないグレーゾーンの子達にとって 怖いのは「二次障害」です。 発達障害のある子ども達は生まれつき精神疾患にかかりやすいとも 言われていますが、適切な対応や環境調整で 二次障害のリスクを減らして […]

続きを読む

ADHDの症状は脳の発達が未熟なために起こっています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人は脳の発達が未熟だと言われています。 例えば前頭前野は実行機能を司っていて、 行動の制御も行なっていますが、この機能が弱いために 言動をコントロールすることが難しくなっています。 また、神経伝達物質も不足して […]

続きを読む

不注意が優位のADHDは気付かれにくいので注意が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDというと、専門的な知識のない多くの人は 「やんちゃで落ち着きがない乱暴な男の子」といった イメージを持っていると思います。 しかしADHDの特徴である「不注意」「多動性」「衝動性」は 全てが強く現れるわけではなく […]

続きを読む

発達障害児に必要な柔軟な思考を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなどの発達障害があると、「自分で判断する」ことが難しいので、 日常生活の中での困りごとがたくさんあります。 声掛け1つでもパニックになったり、 スムーズにできていたことができなくなってしまったりするので、 適切な […]

続きを読む