最新情報・コラム

column
年別アーカイブ:2020年

子どもの行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや偏りのある子ども達と接していると、 一見理解しがたいような行動をとることがよくあります。 それは、こちらからすると突飛で「なぜ?」と 思うようなことかもしれませんが、 子ども自身にしてみれば必ず何かしらの理由 […]

続きを読む

子ども達の内面のケアも大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達はイライラを感じやすく、 それがパニックやかんしゃく、自傷行為や他害行為などの 問題行動の原因になってしまうことが多くあります。 イライラを感じやすいのは、脳の特性による感情コントロールの 苦手さに […]

続きを読む

子どもの行動をプラスに捉えたくさん褒めてあげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

育児の中では、「子どもをたくさん褒めましょう」と いうことがよく言われます。 確かに子ども達にとって褒められることは 成長の糧になる大事な要素ですが、 やはり日常の中ではどうしても できていない部分に目がいきがちかもしれ […]

続きを読む

運動療育が認知機能も高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや凹凸のある子ども達には、 生活面・学習面の向上のために認知機能を高める 働きかけが大切です。 そして認知機能を高めるのに最も効果的なのが 習慣的な運動と言われています。 私たちの教室で提供している運動療育プロ […]

続きを読む

運動が苦手でも楽しめる運動療育プログラムです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、 体の柔軟性が低い子も多くみられます。 特に股関節周りの硬さがある場合が多いので、 運動あそびでしゃがんだりくぐったりするような 動きのものを取り入れながら体の可動域を広げて、 怪我やトラ […]

続きを読む

夏休み期間は生活面全般でサポートが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

もうすぐ夏休みが始まりますが、 今年は新型コロナウィルスの影響で 夏休みが短縮されている小中学校がほとんどです。 長引いた休校期間中、子ども達の家での過ごし方は どうだったでしょうか。 休校期間よりは短いかもしれませんが […]

続きを読む

特性が疲れやすさにつながる場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、 「疲れやすい」と感じている子ども達が 多いのではないでしょうか。 疲れやすい原因としては、幾つもの要因があります。 過集中、頭と体の多動、感覚過敏といった特性や、 特性からくる睡眠不足や […]

続きを読む

「頑張ってもできない」を減らす支援が必要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は日々の生活の中で少しずつ、 今までできなかったことができるようになっていきますが、 発達障害のある子ども達ではそれが難しかったり、 とても大変で時間がかかることだったりします。 子どもが頑張っているのにできない […]

続きを読む

療育では自己肯定感を育む関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害やその特性を持つ子ども達は、 小さい頃から失敗や注意される経験が多かったり、 友達と良好な関係を築きにくいなどのこともあり、 自分に自信が持てず自己肯定感が低下しがちです。 そうすると、その自己肯定感の低さが 様 […]

続きを読む

特性は育てにくさにつながりやすく早期対処が大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸のある子ども達には、 じっとしていられなかったり 話がかみ合わなかったり 感覚過敏があったり すぐパニックを起こしたりと様々な特性があり、 それが育てにくさにつながることがあります。 そのため、親御さんは自分を […]

続きを読む