最新情報・コラム

column

療育の効果を上げるためには保護者へのサポートも大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の有無に関わらず子育ては大変ですが、
特に発達障害のあるお子さんを育てていくのは
より手がかかったり苦労も多かったりするので、
保護者の方達の中には
日々の子育てに疲弊してしまっていたり、
周囲の理解不足や心無い言葉に傷ついたり、
子どもの将来に不安になったりと
精神的にも肉体的にもつらい状況になっていることが
とても多くあります。

そうした状態は、子ども達にも直接的に影響しやすいので、
保護者のメンタルヘルスに配慮することは
とても重要です。
それが療育の効果を上げることにもつながるので、
子ども達だけでなく保護者へのサポートも大事にしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動あそびから「うつ伏せレスキュー隊」を
ご紹介します。

床に縄を置いたら、うつ伏せになって両手で
縄を握ります。
手を交互に前に出して縄をつかみながら、
体を引き付けるようにして前に進んでいきます。
手の力だけでスムーズに進めない場合は、
足を使っても良いですが、
最終的には両足は伸ばした状態でできると良いです。

もし苦手な子がいたら、子どもに縄をしっかりと
握ってもらい、大人が縄を引っ張って
引きずって遊んであげるだけでも
腕の力や体幹の筋力などを養えます。

うつ伏せに慣れてきたら仰向けでも挑戦し、
より力の発達を促しながら、
できる動きを増やして自信につなげたり、
日常生活でのスキル向上などにもつなげていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る