最新情報・コラム

column
年別アーカイブ:2020年

先を見据えて必要な力を育んでいきましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達も、やがて社会に出て 自分の力で社会生活を営んでいくことになります。 もちろん家族や周囲のサポートを受けながら という場合もありますが、子どもの時のような 手厚いサポートはなかなか難しいと思います。 […]

続きを読む

生き辛さを減らすサポートが必要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は、治療によって根治したり、 特性を消失させるといったことはできません。 それを前提とした上で、1人1人の特性に合わせて 療育、薬物療法、環境調整などを行いながら 周囲がサポートしていくことが大切です。 子ども達 […]

続きを読む

特性と共に生きていく子ども達にはサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDを持つ子ども達は、大人になっても 程度や形こそ変わるものの、 「不注意」「多動性」「衝動性」という特性を 持ち続け、生活していきます。 本人の人間性、性格や知能には問題がないのに、 社会にうまく適応できない、 親 […]

続きを読む

生きる力を運動療育で育んでいきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は、放課後等デイサービスを行う事業者も増え、 教室ごとに様々な種類の療育を提供しています。 療育の種類は違っても、子どもの困り事を減らし、 これから社会の中で生きていくために必要な スキルを身に付けるという目的は同じで […]

続きを読む

「できること」が増えるサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」の認知度は、少し前と比べても 格段に上がってきています。 それでもまだ、「発達障害」という言葉を 発達が気になる子やいわゆる問題行動を起こす子の レッテル貼りの言葉として使っている人もいます。 問題行動や困っ […]

続きを読む

睡眠障害の併発が発達障害症状悪化にもつながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDのある子ども達の中には、 睡眠障害を合併している子がとても多くいます。 寝つきが悪かったり、眠りが浅く夜中に何度も 目がさめてしまうことで慢性的な睡眠不足に なってしまいます。 そうすると、すぐにイライラ […]

続きを読む

成長を促し心の支えになる周囲のサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、同年代の子ども達に比べて できないことや苦手なことが多くあります。 そんな毎日の中で、できない自分にイライラしたり 友達と比べて劣等感を感じたりして、 何かやりたいことがあっても最初から諦めてし […]

続きを読む

療育で将来の生きる力を育てていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム 

発達障害と診断されている子ども達も、 グレーゾーンの子ども達も、 持っている特性や症状の程度は様々です。 そのため、中にはその困り感が周囲からはなかなか わかりにくかったり、困り事はあるものの 常に家族や先生、友達など周 […]

続きを読む

スキル習得には日々の積み重ねが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は、生まれてからの毎日の生活の中で 様々な経験を積み重ねながら成長していきます。 しかし発達が気になる子ども達の場合、 日常生活を送る中で自然に身に付けていけない力があり、 それに対しては意識的に大人が働きかけて […]

続きを読む

生活に支障をきたす特徴であれば支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害やグレーゾーンの子ども達の特徴を見ると、 少なからず誰もが何かしらの傾向を持っていると 言えるのではないでしょうか。 こうでないとダメというこだわりがあったり、 好きなことを始めると、何もかも忘れて 没頭してしま […]

続きを読む