最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

発達障害

「できること」が増えるサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」の認知度は、少し前と比べても 格段に上がってきています。 それでもまだ、「発達障害」という言葉を 発達が気になる子やいわゆる問題行動を起こす子の レッテル貼りの言葉として使っている人もいます。 問題行動や困っ […]

続きを読む

子どもの行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや偏りのある子ども達と接していると、 一見理解しがたいような行動をとることがよくあります。 それは、こちらからすると突飛で「なぜ?」と 思うようなことかもしれませんが、 子ども自身にしてみれば必ず何かしらの理由 […]

続きを読む

特性が疲れやすさにつながる場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、 「疲れやすい」と感じている子ども達が多いのではないでしょうか。 発達障害の特性が疲れやすさにつながる 発達障害の子どもが疲れやすい原因としては、幾つもの要因があります。 過集中、頭と体の […]

続きを読む

発達障害の特性への対処は周囲の協力も欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害では、注意力が散漫だったり、自分の興味関心がある物ごとには異常な集中力を発揮して「過集中」になりやすいなど、集中力、注意力の面で特性のある子ども達が多くいます。過集中にな […]

続きを読む

生活に必要な基礎力を運動あそびで育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達では、もともと筋力が弱かったり、 ボディイメージ、身体コントロール力が弱く 運動が苦手という子も少なくありません。 中には体幹部分の筋力が極端に弱い子もいて、 それによって立ち姿勢や座り姿勢が 保持 […]

続きを読む

発達障害では1人1人必要な支援が違います。 放課後等デイサービスの運動プログラム

発達障害は様々です。 それぞれが重なり合っていて、 スペクトラムで症状も多種多様です。 そのため、例え同じ診断名のついている人でも 必要な支援は同じではなく、 1人1人の特性や症状、困りごとに合わせた支援が なければ効果 […]

続きを読む

療育では前向きにがんばる力を育て成長につなげていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちには誰にでもできることとできないことがありますが、 特に子ども達は、生まれたばかりの時は ほとんど何もできない状態から少しずついろいろなことが できるようになって成長していきます。 なので、できないことに対して前向 […]

続きを読む

記憶を司る「海馬」は運動によって働きが高まります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちの脳みその中には、「海馬」という 記憶に関係している部分があります。 新しいことを記憶していくとても重要な器官ですが、 良い刺激を与えてあげると働きはアップし、 悪い刺激を与えてしまうと働きが悪くなるという デリケ […]

続きを読む

療育では小さな成功体験の積み重ねで自信を育みましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が自信をつけていくためには 成功体験が大事だということはよくいいます。 そうすると、大きな成功体験をイメージしやすいですが、 大きな成功体験を得るには時間も労力も必要で、 やはりリスクも伴います。 また、大きな成 […]

続きを読む

日常生活を妨げる困り事を見つけ生活QOLを上げていきましょう。 放課後津デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、 「歩き方や走り方がぎこちない」 「よくぶつかったりつまづく」 「姿勢が保てない」 「言われた通りに体が動かせない」 「複雑な動きが苦手」 などの、身体的不器用さがあり 日常生活へも支障を […]

続きを読む