最新情報・コラム

column

「ボール足挟み渡し」で相手への気遣いを学びます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「ボール足挟み渡しごっこ」をご紹介します。

2人ペアになって向かい合って座り、手は後ろにつきます。

そして1人が床に置いてあるボールを足の指先で挟んで持ち上げ、

できるだけ高い位置でもう1人に足で渡します。

受け取る方も足の指先を使って受け取ります。

この時、相手が受け取りやすいように考えて行なうことで

相手に対する気遣いの気持ちを育てます。

相手が受け取る前に離してしまったり、

届く位置を考えて出したり、高さを合わせたりいろいろなポイントがあります。

こどもが自分で気付けることが一番ですが、

声をかけながら自分で考えてできるようになると良いですね。

 

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る