最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達のスムーズな切り替えにはその子に合った方法が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、物事の切り替えが難しいという特徴から、
周囲のサポートによって園や学校、放課後等デイサービスでも
活動をしていく必要があります。
遊びやその子が好きな活動からの切り替えは特に難しく、
子どもにあわせた方法を模索していくことが大切です。

例えばいつも砂時計やタイマーを使って行動を促していると、
命令だけの道具になってしまうので、子どもはそれを見ただけで
怒り出すようになってしまうことがあります。
おやつや好きな遊びの前にも使うことで、それを防ぐことができる
場合があるので、試行錯誤を重ねていくことも時には必要になります。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「回転いじわる縄跳び」をご紹介します。

ビニールテープで床に四角をかいておき、子どもはその中に入って
はみ出さないように伝えます。
そして四角の中で大縄跳びを跳びますが、その時ジャンプをしながら
体を一回転させます。
さらに、いじわる縄跳びなので時々途中で縄を止めます。
縄が止まったらジャンプはしません。

床の四角からはみ出さないように回転ジャンプをしながら、
回っている縄の位置を把握し続けることが大切です。
回転することに意識を向けすぎてしまうと、縄が止まったことに
気付けなかったり、縄に引っ掛かってしまいます。
反対に縄にばかり意識を向けていると、四角からはみ出してしまいます。

リズム良く一定の場所で跳ぶ、回転しながら跳ぶ、縄の動きを見て
タイミングを合わせる、という複数の動作を組み合わせることで、
巧緻性や調整力が養われ、体を器用に動かす力や柔軟な思考が身に付きます。

苦手な子には、縄を一回転させずに足元で左右に揺らす小波跳びで行なったり、
縄を子どものジャンプに合わせて回すようにしながら
少しずつ上達を目指すようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る