最新情報・コラム

column

少しずつレベルアップをして楽しみましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム。

何かが抑制された環境で活動することも,

子ども達の能力を育てる一つの方法です。

今回は、足場の狭い平均台の上でバランスをとりながら魚釣りをする

「平均台で魚釣り」のご紹介です。

 

事前に、子ども達と一緒に釣竿と魚を作っておきましょう。

魚にはクリップや洗濯ばさみなどをつけ、引っ掛けられるようにしておきます。

釣竿は中腰で釣れる程度に短めにしておくのがポイントです。

平均台の周りに魚を散らばせて、魚釣りをしましょう。

どこまでの距離にある魚ならバランスを崩さずに釣ることができるか、

どの方向からどんな風に竿を動かせば魚を引っ掛けることができるかなど

いろいろなことを常に考えながら、手の動きと竿の動きを操ることが必要です。

また、平均台から落ちないようにするには足の親指でしっかり踏ん張り、

腹筋背筋なども使ってバランスを取ることが大切です。

 

近くの魚が上手に釣れるようになったら、少し遠くの魚も釣れるように練習してみましょう。

少しずつアレンジしたり難易度を上げて、子ども達がいつもわくわくしながら

積極的に取り組めるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る