最新情報・コラム

column

「わにでグルグルタッチ」で相手を意識して遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「わにでグルグルタッチ」をご紹介します。

友達と2人組みになり、向かい合って床にうつ伏せになります。

わにさんなので、しっかり胸までつけて手は前に出します。

「せーの」でその場でお腹を軸にして、手を動かして時計回りに回っていきます。

最初の位置に戻って顔が向かい合ったら、片手を出してタッチします。

2回目は反対回りでやってみます。

 

相手とタイミングを合わせて回転し、顔が合ったところで手を出してタッチする。

という流れで常に相手を意識する必要があります。

タッチする時もどちらの手を出すのか、きちんと重なる位置に手が出せるか、

タイミングを合わせられるかなど、細かな部分まで意識できるようになると

全体の動きがスムーズになります。

繰り返し行い、子ども達の社会性の部分を強く育てていきましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る