最新情報・コラム

column

子どもの将来を見つめ今必要な支援を行うことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れがあり療育を受けている子が
小学校に入学する時期になると、多くの親御さんは
普通学級に入れるか、特別支援学級に入れるか、
通級にするか、とても悩まれると思います。

一番大事なことは、子どもの現時点の状態を正確に
把握し、それに合った環境を用意してあげることです。
無理をして普通学級に入れるのも、
心配しすぎて支援学級に入れるのも危険です。
また、感覚過敏の特性を持つ子ども達も多いので、
音楽や図工の授業についても考える必要があり、
運動が苦手な子には、体育も負担になるので
工夫した指導が必要になってきます。

現在の状態を把握した上での選択、
そして目先のことだけでなく5年先や10年先の
子どもの姿を想像しながら支援していくことが大切です。
こどもプラスの教室でも、子ども達の将来につながる
療育を提供していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービス教室で
提供している運動療育プログラムから
「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

子どもが鉄棒でコウモリの姿勢になったら、
なぞなぞを出します。
子どもは逆さまの状態でなぞなぞに答えます。

1つ答えられたら次は2つ、3つとしていきますが、
あまり長時間ぶら下がっていると危ないので
時間を見て行うようにします。
なぞなぞ以外にも、〇×ゲームやシルエットクイズなど
子どもに合わせて行ってみてください。

ぶら下がりを維持しながら、逆さまの世界の中で
出されるなぞなぞをよく聞いて判断し、
答えを考え出すという動作は、意外と複雑です。
最初は簡単な質問だけでも良いので、
無理なく楽しめることを大事にして遊びましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る