発達障害特有の症状には改善しにくいものもあり丁寧な支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなど発達障害を持つ子ども達には、それぞれに
その障害特有の様々な症状や特性があります。
症状の程度や特性の種類によっては、
周囲の支援や環境の工夫などで改善できることも多いですが、
それらは脳機能の問題によって起きていることなので
なかなか改善が難しい場合もあります。

特に考え方や感じ方の部分を変えることは時間がかかり、
本人も周囲も苦労をすることが多いので
放課後等デイサービスでの療育活動はとても重要です。
子ども達のストレスや生き辛さを改善していけるように
1人1人をよく観察し、最適な支援をしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スタート&ストップ」をご紹介します。

子ども達は、指導者の「スタート」の合図で一斉に動き、
「ストップ」の合図でその場でピタッと止まります。
単純な遊びですが、合図で動いたり止まったりを
繰り返すことが前頭前野を刺激し育てます。
合図の出し方は、笛や手たたき、動作など
いろいろな方法で遊んでみてください。

慣れてきたら、動く時は「わー!」と声を出しながら動いて、
止まった時は声を出さずに静止するようにしたり、
止まる時に指導者を見て、同じポーズで止まるようにするなどの
アレンジもおすすめです。
こうしたアレンジでは、興奮と抑制のコントロールする力を
身につけたり、模倣力を養うことができます。

育てたい力に合わせた遊び方で子ども達の能力を引き出し、
伸ばしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る