最新情報・コラム

column

発達障害の傾向があっても知識や経験がないと見逃してしまうことが多々あります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもが第一子の場合、両親も子育ての経験がない状態で始まります。
そのため、発達障害の傾向があったとしても
「子どもだからこんなものかな」と見逃してしまうことがあります。
もちろん心配しすぎても良くありませんが、
発達の遅れが気になったり、同年齢の他の子たちと比べて違和感が
あると感じるような時には、相談を受けてみるのが良いかもしれません。

発達障害では早期の療育が大きなポイントになります。
早い段階で、その子に合った適切な療育を受けることが
症状の改善につながりやすく、子ども本人の生きやすさにつながります。

一人一人に合った療育カリキュラムで子ども達を支援サポートし、
力を引き出し伸ばしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「跳び箱カンガルー乗り&タンバリンタッチ」
をご紹介します。

1段の跳び箱を用意し、その上にカンガルージャンプで跳び乗ります。
膝を深く曲げて、両腕を大きく振ってジャンプしましょう。
次に跳び箱からジャンプして降りますが、その時も両足を揃えて跳び、
指導者が持っているタンバリンをタッチしてから着地します。

タンバリンを出す位置は、少しずつ上下左右にずらしたり、
遠くに離したりして難易度調整をしていきます。
また、跳び乗りに慣れていないと跳び箱につまづいて転んだり、
足が開いてバラバラになってしまうので、隣で手をつないで行ない、
まずは跳び乗りの練習をしてみてください。

慣れてきたら指導者の「1、2」の掛け声に合わせて動けるように
「1」で跳び乗り、「2」で跳び下りる練習をします。
最初はゆっくりめのリズムから始め、少しずつ速くしていきましょう。

また、跳び下りながらタンバリンタッチをするには、自分とタンバリンの
位置を正確に把握し、力加減と姿勢を考えることが必要です。
そして掛け声に合わせることで、素早い情報処理力や
リズム感が養われますが、そこにばかり気をとられるとジャンプの時に
両足がバラバラになってしまったりします。

まずはゆっくりで良いので、跳び箱に跳び乗る→目標物を確認する
→両足を揃える→跳ぶ→叩く→着地するという流れの動作を
確実にしていくことが大切です。

一人一人の段階に合わせ、無理なく楽しく遊びに取り組めるように
細かな工夫や配慮、アレンジを考えていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る