最新情報・コラム

column

新幹線ウシガエルで跳び箱の練習。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動と健康には密接な関係があります。

健康を維持するには運動は欠かせません。

普段運動をしていない子供にいきなり運動をするように言っても

やり方もわからないし、体も動かず、なかなかできませんよね。

子どもが何かを継続してやるためには何よりも楽しさが必要です。

そこで、運動遊びを提供することで楽しく遊びながら

運動能力を身につけることができるのです。

 

今日は「新幹線ウシガエル」という運動遊びです。

2本のビニールテープなどで線路を作り、

子供はしゃがんでカエルさんの姿勢になります。

ひざを開いて、手はパーに開いて中につきます。

手を前につき、足は手よりも前にくるように着地します。

このウシガエルさんで新幹線のように線路の上を速いスピードで

進んでいきましょう。

通常のウシガエルよりも腕にかかる負荷が増えるので、

勢いをつけすぎて転ばないように気をつけて行いましょう。

楽しく遊んで体をあたためましょう!

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る