最新情報・コラム

column

発達障害児への対処法は適切な方法を知ることがまず大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は発達障害に関する情報も豊富にあり、
支援体制も充実してきていますが、
実際に自分の子どもが発達障害だった場合、
どう対応したら良いかわからずに悩むことが多いと思います。

間違った対応をしてしまうと症状を悪化させたり、
子ども自身を苦しめてしまうことになるので、
正しい対処法を知っておくことがとても大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する
運動療育プログラムから「忍者ゲーム(座る・跳ぶ」をご紹介します。
子ども達を数人ずつ一列に並ばせます。
指導者は子どもと向かい合って立ち、
新聞紙やタオルを丸めて作った剣を片手に持ちます。

そして「頭」と言いながら、剣で子ども達の頭の上をスイングし、
子ども達は当たらないように手で頭を押さえてしゃがみます。
「足」と言った時は、剣で子ども達の足元をすくうようにし、
子ども達はそれをジャンプして避けます。
これを何度も繰り返していきます。

慣れてきたら「頭」と「足」をランダムに速いスピードにしてみたり、
「頭じゃない方!」など、少し考えることが必要な指示などにも
挑戦してみましょう。

剣を素早く避けるために集中力や判断力、瞬発力が必要になり、
指示の言葉をよく聞くために相手に意識を向けることもできます。
少しずつ難易度を上げながら、たくさん遊びこんでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る