最新情報・コラム

column

生活に困難があれば発達障害の診断にはメリットがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群も先天性の発達障害のため、
明らかな場合には幼児期のうちに親や先生が気付き、
診断されますが、軽度の場合には「少し変わった子」というだけで
診断を受けないまま大人になってしまうこともあります。

もちろん生活に支障がない程度であれば問題はありませんが、
本人や周囲が困っているのであれば適切な診断を受けることが
大きなメリットになります。
診断されれば、療育によって症状の改善や特性への対処法などを
身につけていくことができるので、生活がしやすくなります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグかけっこ」をご紹介します。
縄やテープでジグザグのコースを作ります。
スタートの合図で指導者が子ども達を追いかけるので、
子ども達はコースの中を走って逃げます。

コースからはみ出さないことをしっかり伝えておきましょう。
角で方向転換する時には下半身で動きを切り返し、
上半身を進行方向に向けるという動きが必要になり、
巧緻性を育てることができます。

慣れてきたらコースを狭くしたり、角度をきつくしてみたり、
縄ではなくコーンやカップを間隔を空けて置いたコースにしたりしながら
繰り返し行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る