最新情報・コラム

column

「足開きソリ」で相手を感じて息を合わせて遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足開きソリ」をご紹介します。

子ども達は2人一組になり、向かい合います。
1人は床に座って足を大きく横に開き、もう1人と手をつないだら、ゆっくり引っ張っていきます。
引っ張る子は、足のかかとと親指の力をうまく使って後ろ向きに歩きます。
勢いよく引っ張りすぎると手が離れて、お互いに怪我をしてしまうので、
ゆっくり、相手の様子を見ながら引っ張るようにします。
ソリの子は、体がふにゃふにゃしていると相手がうまく引っ張れないので、
体勢を保つためにしっかり腹筋背筋に力を入れてバランスを取ります。

お互いに相手を意識しながら行なうことで、コミュニケーション力が育ちます。
役割を交代しながら楽しく遊び、慣れてきたらソリの子が足を閉じて行なう
「足閉じソリ」にも挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る