最新情報・コラム

column

「おつかいカンガルー」で足を閉じたジャンプの練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「おつかいカンガルー」をご紹介します。

ジャンプ遊びの上達には、足を閉じたジャンプが大切ですが、

子ども達に足を閉じることを常に意識させるのは難しいことです。

そこで、「おつかいカンガルー」で遊んでみましょう。

 

両膝の間に紙を挟み、落とさないように目的の場所まで運んでもらいます。

紙だと薄くて落ちてしまったり、やりにくい場合はハンカチなどにします。

足の間に物を挟んで落ちないようにすることで、足を閉じてジャンプをすることが

イメージしやすくなり、長い時間維持することの練習にもなります。

腕も振りながら行い、ジャンプの上達を目指しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る