最新情報・コラム

column

「忍者開脚跳び」で身体コントロール力を上げていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「忍者開脚跳び」をご紹介します。

跳び箱を、助走をつけずに跳び越す動きです。

跳び箱の前に立って両手をついたら、跳ぶ時は足は閉じておきます。

ジャンプを同時に足を大きく開き、着地の時はまた足を閉じて

ぴたっと着地ができるのが理想の形です。

 

助走をつけた場合、走ってきたら踏み切りの位置で一旦足を閉じて踏み切り、

跳んだと同時に足を大きく開いて、また閉じて着地をしなければいけないので、

身体コントロールが苦手な子はうまくできません。

助走をつけない動きでしっかりと感覚を育てられるように、

1つ1つ動きを分解して段階を踏みながら習得できるように、

補助を入れながら丁寧に行なっていってください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る