最新情報・コラム

column

発達障害での学習支援は個々の特性に合わせることで効果が高まります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害児への学習支援方法は、1人1人の特性によって様々です。
注意散漫で集中しにくい子、
抽象理解が難しい子、
ケアレスミスが多い子、
新しいことが苦手な子、
手先が不器用で字がうまく書けない子、
その子の特性に合った支援をすることで、
半年、1年と子ども達はどんどん成長していきます。

1人1人が無理なく自分のペースで力を伸ばしていけるように
日々の支援を丁寧に行なっていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スキップしながら手たたき」をご紹介します。
スキップをしながら、リズムに合わせて拍手をします。

スキップと手たたきのリズムが揃わない場合は、
スキップだけ、手たたきだけの練習をしていきます。
また、スキップがうまくできない場合は
片足ずつケンケンをしながらやギャロップでも良いです。

上半身と下半身の連動性を高めるために、
最初はゆっくり行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る