最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:障害 こども

発達障害児の将来の自立を目指した支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

忘れ物が多い、人と話すのが苦手、興味や関心の偏り など発達障害の特徴として挙げられていることは、 程度の差こそあれ、誰にでもある特徴です。 これらの特徴が日常生活を送る上で困難を極めているのが 発達障害で、支援が必要にな […]

続きを読む

ADHDのケアレスミスの多さにはその子に合った解決方法を見つける必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特徴として、ケアレスミスの多さも挙げられます。 それは日常の中のことでも勉強でも仕事でも起こり、 内容は理解しているのに、ケアレスミスで失敗を繰り返してしまいます。 もちろん誰にでもケアレスミスはあることですが […]

続きを読む

だんだん複雑になる人間関係の中では適切な支援をうけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人間関係というものは、年齢が上がるにつれて複雑になります。 子どもが成長発達していく過程では、 発達障害の有無に関わらず、人間関係や周囲の環境に 大きく影響をうけていくものなので、 適切な支援や理解が得られることが最も大 […]

続きを読む

ADHDの衝動性は大人になっても残ることがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの中には、良し悪しや先のことを考えずに 思いつきで行動に移してしまったり、 言葉に出してしまったりする衝動性が強く見られる子がいます。 相手が話している途中でも、授業中や静かにしなければいけない場面でも […]

続きを読む

不注意優勢型のADHDでは片付けが著しく苦手な特徴があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの中でも不注意優勢型の傾向が強い人は、 「片付けられない」という特徴がとても目立ちます。 散らかった部屋を見て片付けようと思い立っても、 段取りも苦手なために何から手をつければ良いかわからず、 始めたとしても出て […]

続きを読む

障害の有無に関わらず子どもの発達に大切なのは社会性を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子でも、発達に支援が必要な子でも、 子どもの発達において大事なことは「相手を意識して動く」 「相手の動きに自分が合わせる」ということです。 日ごろの遊びの中でたくさんこの経験ができるように、 無理のない範囲で遊 […]

続きを読む