最新情報・コラム

column

基礎筋力をつける線渡りで遊びましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今日2つ目にご紹介する運動遊びは「線渡り」です。

床にビニールテープなどを貼って1本線を作ります。

その線の上から落ちないように、手を横に広げてバランスを取りながら歩いていきます。

手を広げたほうがバランスは取りやすくなりますが、

中には手足のどちらかだけにしか意識を向けることができず

手を広げるとうまく歩けなくなってしまう子もいます。

両方に意識を向けながらまっすぐ歩けるように練習することで、

体のコントロール力だけでなく、集中力や注意力も身に付きます。

 

足元ばかり見ているとバランスを崩して線から落ちやすくなるので、

前のほうにも目を向けながらゆっくりで良いので、

落ちないことに気をつけて行なっていきましょう。

できたら、コースをジグザグにしたり、つま先歩きにしたり

工夫しながらいろいろな遊び方を提供していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る