最新情報・コラム

column

いじわる縄跳びで能力アップ!放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小学校の体育の授業では、よく大縄跳びを行います。

でも、大きく回っている縄の中に飛び込んでいって跳ぶのは

けっこう勇気がいることでもあります。

恐怖心から苦手意識を持つ子も多くいますよね。

大縄跳びも、段階を追っていくことで抵抗なくできるようになります。

恐怖心を持つ前に、縄に慣れていくことが一番良いですね。

 

今日は、「いじわる縄跳び」のご紹介をします。

大縄の一方を椅子や柱などにくくりつけて固定しておきます。

もう片方を回し手が持ち、大きく揺らして大波にしたり、

小さく揺らして小波にしたりいじわるしながら揺らします。

床にはテープなどで四角を作っておき、

子どもはその四角からはみださないようにしながら跳びます。

回し手をよく見て、縄にひっかからないように、四角から出ないように、

いろいろなことに意識を向けるので、とても頭を使います。

慣れてきたら、跳びながら簡単なクイズをやっても楽しいですよ。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る