最新情報・コラム

column

「合図で回転」で素早く動きを切り替える練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「合図で回転」をご紹介します。

まず子ども達は体を横向きにして、ステップを踏むように横跳びをしていきます。

途中で指導者がタンバリンを叩いて合図を出します。

合図が聞こえたら、その場で一回転してみましょう。

一回転できなければ半回転でも良いので、素早く動きを切り替える練習をします。

 

合図を聞く力、合図に合わせて体を切り替える力をつけ、社会性を養っていきましょう。

横跳びは、小学校の体力テストで行なう反復横跳びにもつながるので、

スムーズに足を動かして進めるように繰り返し行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る