最新情報・コラム

column

「積み木拾い」で子ども達の認知力を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「積み木拾い(複雑)」をご紹介します。

指導者が指示した積み木を拾ってくる遊びですが、
拾ってくる物は、積み木以外のおもちゃでも構いません。
形や大きさ、色などバリエーションのある物を用意し、少しずつ指示を複雑にしていきます。

「丸くて赤くない積み木を2つ」
「一番大きいブロックと、四角くて緑色のブロック」
など、複雑でいろいろな要素を含んだ指示にも挑戦していき、
持ってくる時も足に挟んだり、色別にかごに分けて入れるようにしたりと、
記憶力や認知力、イメージ力などを養いながら身体を動かせるように遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る