最新情報・コラム

column

「めだか走りで集合」で集中力、判断力、抑制力を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「めだか走りで集合」をご紹介します。

まずめだか走りは、両手を前にまっすぐ伸ばして手のひらを合わせた状態で走ります。
体の軸を安定させて走る練習になる動きです。

このめだか走りで走りながら、合図があったら指示された場所に集合します。
集合する場所はあらかじめ決めておいても良いですし、
その都度聞いて判断できるように場所を指定しても良いです。

動きながら合図を聞くには集中力が必要で、聞いた内容を判断して動くには
判断力や俊敏性も必要になります。
合図で動きを切り替えることで感情のコントロールなどもできるようになってきて、
日常生活でのメリハリにもつながるので、おすすめの遊びです。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る