最新情報・コラム

column

「スキップで記憶遊び」で記憶力を高めるように遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「スキップで記憶遊び」をご紹介します。

ホールの中には跳び箱、鉄棒、コーン、縄などいろいろな種類の道具を置きます。
そして、指導者が指示した順番通りに遊びをこなして戻ってきます。
進む時はできればスキップで進むようにします。

例えば「鉄棒までスキップで行って、鉄棒でコウモリになったら、
赤いコーンにタッチしてから戻ってきましょう。」
などの指示を、子どものできる内容に調節しながら出していきます。
言われた動きや順番をしっかり覚えていて、実行することがポイントです。
あまり難しすぎるとやる気をなくしてしまうので、
少しがんばればできる程度のレベルで個々に調節して行ないましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る