最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ADD

ADHDの多動性衝動性は成長と共に落ち着きますが消えることはありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの、授業中座っていられない、 しゃべってはいけない場面でしゃべってしまう、 順番を待てないなどの多動性・衝動性の特性は 子どもの頃に目立つことが多く、 だいたい大人になる頃には治まることが多くなります。 […]

続きを読む

発達障害は見た目でわからず、支援方法の認知度も低いのが現状です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、ADHD(注意欠如/多動性障害)、 LD(学習障害)などがありますが、 どの発達障害も、見た目ではわかりません。 そのため、どんなに本人が困っていてもなかなか 理解してもらえずに […]

続きを読む

運動療育と学習をうまく組み合わせることで効果が上がります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動あそびは、製作活動や学習などの静かな活動の前に 行なうことで、その後の集中力を高めることができます。 運動が楽しいと感じられるものであれば さらに良い効果があるので、1人1人の段階に合ったものを 工夫しなが取り入れて […]

続きを読む

ADHDとADDの最大の違いは多動性の有無です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のADHDは近年認知度が上がってきていますが、 最近ではADHDの他にADDも注目されています。 この2つの大きな違いは、多動性があるかないかです。 ADHDの場合は、授業中にじっと座っていられなかったり、 教室 […]

続きを読む