最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ダウン症

ダウン症児は運動が苦手な子が多く個々に合った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ダウン症は、染色体異常による疾患で700~800人に1人くらいの 割合で出生するとされています。 ダウン症児は全般的に発達がゆっくりで、知的発達の遅れも見られます。 また、視覚障害や心臓のトラブルなど合併症が多く、 筋肉 […]

続きを読む

発達障害では空間認知力の弱さで多くの困り事を抱えてしまう場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「空間認知能力」とは、人や物などの距離・方角・大きさ・形・広さ などを的確に理解し把握するために必要な能力です。 発達障害のある子ども達はこの空間認知能力が低いことが多く、 生活面や勉強面で多くの困り事を抱えている場合が […]

続きを読む

発達障害では早期発見と療育開始で二次障害を防ぐことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

大人になってから発達障害と診断された人達の中には、 精神疾患などの二次障害を発症して診断されたところから、 よくよく調べたらその原因に発達障害があったということが とても多くあります。 発達障害特性による症状で周囲から誤 […]

続きを読む

日常での極端な不器用さは発達性協調運動障害の場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、日常生活での様々な運動、動作で 困難さがある子ども達がいます。 生活面ではボタンの留めはずしやファスナーを上げることが 苦手だったり、何もないところでもよく転ぶ、靴ひもが結べない などの困り事 […]

続きを読む

黒板からの書き写しが苦手な子にはボール遊びなどがおすすめです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の中には、文字を書くことはできていても、 学校の授業中に、黒板に書かれた文字をノートに 書き写すのが難しいという子ども達がいます。 黒板の文字を書き写すには、書かれた文字を見て記憶する力と、 黒板とノートを交互に […]

続きを読む

発達障害での二次障害は周囲の対応で防ぐことができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害での大きな問題は、周囲の誤解や間違った対応によって 本人が自信を持てなくなり、著しく自己肯定感を下げてしまった 結果起こってしまう二次障害です。 具体的には、不登校や引きこもり、適応障害、不安障害やうつ病など 多 […]

続きを読む

発達障害の子ども達には褒めることと成功体験が育ちを促進させます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

育児では子どもを褒めることがとても重要な要素になりますが、 発達障害を持つ子ども達にとっても「褒められる」体験が 何より大事なポイントになります。 褒められることで自信になり、次へのやる気につながります。 そして、それと […]

続きを読む

発達障害の子ども達は食事量のコントロールが難しいことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもが自分で食事量をコントロールしたり、栄養バランスを考えた 食事をすることはなかなかできません。 特に発達障害を持つ子ども達は、満腹感を感じにくかったり、 出された食べ物は食べきらなければいけないとこだわりがあったり […]

続きを読む

1日の活動がスムーズに進むように特性に合わせて臨機応変に対応することが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHDなど発達障害を持つ子ども達は、 1日の活動をスムーズに行なうことが難しい場合があります。 例えば、今日は自分の好きな活動や遊びがある日なのに、 その前にやることがたくさんあって、その時間になるまで 我慢し […]

続きを読む

発達障害特性で指示に従うのが苦手な子ども達には伝える側の工夫が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が家庭や集団生活の中でスムーズに生活を送っていくためには 大人の指示に従って動けることが大事になります。 しかし、発達障害の子ども達には人の指示に従って行動するのが苦手 という特徴があります。 その原因は、そもそ […]

続きを読む